むかつく
どーも最近このブログが有名になったのか
変なことばっかり書いているからか
特にJ-WAVEとなんかかぶることが続いて(コルネイユから連絡がしばらくなかったからって消息不明だと言われたとか...言い過ぎでしょ)ちょっとなんだかウツな気分です。

そりゃねフランスの知られてない音楽で私が大好きなのを皆にも知って欲しいですよ。
ひょっとしたら私みたいに熱狂しちゃう人がいるかもしれないし、そしたら一緒に盛り上がりたいし。
だいたいUKインポートでしか積極的に手に入らない音楽をわざわざ見つけるって、それだけでもう大好きって感じなんだけど。

だからってこれは別。公共物に無断で私が苦労して紹介するのにつかった言葉や訳語や発音を使われたくはない。無断はルール違反でしょ。

勝手に使うなっつの。
http://www.j-wave.co.jp/original/meetstheworld/main0402.html

ここでサンスィミリアとしてsinsemiliaが取り上げられていますが、
この発音を採用しているのは私だけ。
googleで検索しても、思いきり私しかヒットしません。

フランス語をやってる人ならこの発音表記が妥当かどうか、悩む気持ちがわかるでしょ?センスィミリアもサンシミリアも理解できる。ドラッグの名前ってこともあるのでセンシミリアで日本では訳語として通っている言葉でもある(英語読みだとは思うけれど)し、すでにアルバムタイトルとして、センシミリアという表記で使っているミュージシャンもいる。
でも、フランス語と主人の発音とカタカナ表記のはざまで悩んだ末、私としてはサンスィミリアとして統一することに決めたのだ。簡単じゃないのよ。ふんっ。

そして曲のタイトルTout le bonheur du mondeを「この世の皆の幸せ 」としたのだってやっぱり異論のある人はたくさんいるはず。
この世の皆の幸せ Tout le bonheur du monde の記事はここ

このタイトルだけ読んだら、いろいろにとれるよね
この世のすべての幸せ とか
すべてのこの世の幸せ とか
私のフランス語力が中途半端なせいもあるけど、本当にいろいろ悩んだんだよ。

でも上の記事で見てもらえばわかるけれど、歌詞を全部翻訳してミュージッククリップを見て、サンスィミリアのいいたい気持ちってこうだな、と思って
「この世の皆の幸せ 」って訳したんだ。単なる直訳でも正しい訳でもない。

それを無断で使うなんてひどい。ひどすぎるー。
しっかり抗議しました(笑)

フランス仕込みの「議論じゃ負けない」(毎日主人とやってる、ともいう(笑))oeufさんを侮ってはいかんよ〜。相手が悪かったと思いなっ。

でもこれに限らず、最近は公共物、メディアのマナーが悪くなっているなーと感じます。昔、著作権処理の仕事をちょっとだけしてたことがあって、どんなものにどういう単位で著作権費用がかかるかは、かなり知っているんだよね。だけどインターネット流出は「ばれなきゃいいや」って態度の人が多すぎる感じ。
メディアくん、連絡するのにメールなら5秒でしょ。しっかりやってくださいまし。

ということで、ついでにここで宣言しておきます。
明示しなきゃ守られないなら仕方ない(当たり前だと思って今までしてなかった)

私ことoeufは、このブログの記事、翻訳物、写真、イラストなどすべてのオリジナルなものに対して、著作権を放棄しません。雑誌やメディアなど、一般に「公共物」と理解されているものに関しては、必ず事前にご連絡の上、著作者として私の名前oeuf(うふ)を明記していただけるようお願いいたします。

同様のことを、ブログの一番下に書くことにしました。今日は頭にきてるから長いけど、気が収まったら短くする(かもしれない...)。

くーこんなことを書かなくちゃいけないこと自体、寂しい思いでいっぱいです。
もちろん、ブログにコメント、TBなんかは、全然オッケーですっていうより大好き。いつでもどーぞ。お待ちしてまーす。
公共物にむちゃされたくないだけです。ながーい著作権に関する記述が下についててもごめんしてね。

ってことで最後に口直し。
この件に関する真の著作権保持者達のサイトはこっちだよって。

サンスィミリア公式サイト(フランス語)-こちらも更新されてかっこよくなりました♡
しばらくほうっておくと、左にバイクの兄ちゃん、右にレターが表示されるので、バイクの兄ちゃんのタイヤあたりにマウスもっていって。メニューがでます。(凝りすぎでわからんって)
http://www.sinsemilia.com/

ついでにTout le bonheur du mondeのミュージッククリップのリンクが変わったので、お知らせを。
http://www.happyshooting.com
で、
1, 上のほうにある「Realisateurs...」のメニューから、リストの最後の人「Pierre Tasso」を選ぶ
2,さっき選んだ「Réalisateurs...」のすぐ下、小さい文字でsinsemilia tout le bonheurと書いてある横に三つ小さな絵が並んでいるので、どれでもいいからクリック
QuickTimeなので、これをインストールしてないとダイアログがでますが、インストールしてあるとすぐ見れるはず。

かわいいよー。私がタイトルをこう訳した気持ちもきっとわかってもらえると思う。

PS ついでのついでといっては何ですが、ブログも公的には公共物として扱われると思います。つまり私的利用の範囲を超えていると。そういう場合、どこかの何か(自分がオリジナルじゃないもの)を使いたい場合は、引用というやり方を踏めば著作権者の許可を必要としない、ということになっています。

私も完全なプロではないので、詳しいことは以下のリンクをお勧めしますが、要するに、オリジナルなものの一部を使用すること、オリジナルへの直接リンクを必ずつけること(あるいはオリジナルを参照できる十分な情報を与えること、例えば、雑誌Aの何pageにある写真とか)をすれば、無断でもいいということもあるということです。自分の書いたものをむやみに無断で使用されたくない方、ご自身も気をつけましょうね。

著作物(記事、写真、イラストなど)について、私は国内外問わず同じ考え方で尊重しようと努力しています。それがアーティストと名乗る第一歩だと思っているから。

朝日新聞:著作権について(わかりやすいです)
http://www.asahi.com/policy/copyright.html"
[PR]
by oeuf1 | 2005-12-10 10:58 | 雑感 divers
<< クリスマス気分だーねー ひさびさのコルネイユネタ♡ n... >>