すてきなこころの隅のクマさん♡
le coin des nounoursのrikoさんの展示会に伺って参りました。
(この記事は、「鶴田眞利子 作品展」  その4にTBさせていただいてます。rikoさん、いつもすてきな記事をありがとうございます)

主人と一緒の初めての六本木。
いやね、主人は「あーんなガイジンばっかの街、行きたかないね〜」と
自分が思いきりガイジンのくせに、そーいうことを棚にあげての暴言をいうもんですから、行ったことがなかったんです、2人で一緒ってのは。

私は前に麻布とかでも仕事をしてたことがあるので、
飲んだくれのガイジン集団を横目に疲れ切って必死に帰りを急ぐワタクシ、
という図で闊歩していたこともあるのですが、

主人は主人でオーディションとか撮影とか
ほらありそうでしょ?あの界隈
で、これまた行ったことはあるのですが、

2人では初めて。

で、こんな写真を撮るはめになりましたのさ。

velo


だーって初めて見たんだもん。六本木ヒルズ界隈。
私が仕事をしていたのは6年以上前の話。当然ないです、六本木ヒルズ。

rikoさんと知りあったのは、ブログを通してなのだけれど年もほぼ一緒。一時期同じような場所に住んでいたこともあってなんかピィィーンと来ちゃったんですね。
それに加えてセルジュパパ。
(なんか携帯でとったらボケてる。ごめんねrikoさんとセルジュパパ)

serge


rikoさんの作ったクマさんの中にセルジュさんというのがいて、それが上のクマサン。このクマさんのお名前がセルジュさんで、うちのエリックのパパと同じ名前。
それでなーんとなくお顔を見てると、セルジュパパに似てる気が。
で、通称セルジュパパクマさんなんです♡。お会いできて嬉しかったセルジュパパ。

他にも本当にかわいいかわいいクマサンがたくさんいて、クマさん好き、生き物好きな私たち夫婦はほんわかと幸せ気分に浸ってたんでした。

その作者でもあるrikoさんは、こんなすてきな方。私も一緒に横で撮ったんだけど、目をつぶってしまっていて最悪かわいくないので、rikoさんだけ。

riko


セルジュパパとエリック。実はとってもミニチュアサイズなのでした。

sergeeteric


ほんとうにすてきなクマサンがたくさんいらしたんだけど、そのお写真はle coin des nounoursで見れますから見てくださいね。かわいいの。

それからrikoさんに勧められて、ちょっといたずら書き。

itazura


エリックはへびさんを、私はtitila的毎日のtitilaちゃんを描きましたの。rikoさんがtitilaちゃんを気に入ってくれたみたいで嬉しかった♡

このボードもお店にありますから、へびさんやtitilaちゃんもぜひ見てあげてくださいな。

それにしても激寒の中、六本木に行ったかいがありました。
rikoさん、とてもすてきなクマサンたちを見せてくださって、どうもありがとう。
またぜひお会いしましょうね。

(なお、セルジュさんは多分今回の展示会の出品作品ではないと思います。rikoさんが特別に連れてきてくださったのだと思う。本当にありがとう、rikoさん!)

(六本木から渋谷方面にお帰りになる方、お帰りは、個人的にバスがお勧め。六本木駅まで歩くと、ABC青山ブックセンター前から渋谷行きのバスがでています。時間はかかるけれどのんびり六本木から渋谷への景色の変わりようも楽しめるし、なんせこの時期は温かい!。電車だと乗り換えとかめんどーなこともあるのでお勧めです。
そしてABC前が席をとれる最後のチャンス。この後はどんどん混んで通常は立たなくてはならないのです。これで200円は安い。ちなみに東京タワーの足下から出ているバスなので、これでにわか東京見物もなかなかです。夜の六本木はこのバスで喧騒を避けるのがいいですよー)
[PR]
by oeuf1 | 2006-02-05 10:12 | 見る regarder
<< 笑って食べる おはよーございますー >>