のぉんびりと2人で
ふぅ。
やっと復活してきました。といっても昨日どーんと落ち込んだのでまだ余波が。
うまく笑えません。でも大丈夫。書いているとよくなるのは物書きのサガですから(笑)

3月1日は映画の日。こんな日でもなければ映画館になんていけないわっ高くて。
というわけで、行って参りました、立川の映画館。ちょーかっこよかった。びっくり。
音もよくてお勧めでした。CINEMA TWO。
で観た映画はこちら。とーぜんフランス映画。

ナイト・オブ・ザ・スカイ
http://www.skymovie.jp/

てっきり「空の夜」だと思って???となったらフランス語で納得。

レ・シュヴァリエ・ドュ・シエル
Les chevaliers du ciel
http://www.leschevaliers-lefilm.com/site/main.html

ナイトはnightじゃなくてknightなのね。
空の騎士でした。なぜ英語のタイトルー!?

ブノワマジメルがいい感じだったし、クロヴィスコルニアックも楽しかった。
フランス語でぶつぶつ色んなバカなことを言ってるもんだから、エリックと二人で爆笑。ひこーきおおきいねー、すごいねー目がまわるねーと小学生並の感想で堪能しましたが、どうやらこの映画日本じゃあんまり受けてないみたい。

売り出し方も悪いしね。だって、フランス版トップガン っていってるし。
違うでしょ。観る前にあちこちのサイトでどんなふうに皆感想をもったのかな、って興味があってみたけど、「全編フランス語だったのがびっくりした!」なんて感想もあって、困ったなぁ〜。広告するときにやっぱちゃんとフランス映画だっていうべきと思うんだけど。そうすれば、なんというか分かりやすくすっきりさっぱりには終わらないってことも同時に伝わると思うんだけど。

訳もね。バカを言ってるところを正しいニュアンスで訳してなかったし、全部は訳してなかったし。軍隊のやろーどもがあんな言葉使わないってっていう奇麗な日本語でブノワ・マジメルさん、お話になってたそうです(字幕によると)。うそだねー。

タギョル!セミュー!(黙れよ。そのほうがましだぜ)が、黙れ。しか訳されてなかったしね。そういう1つ1つがいまいちな人気の原因かも。(もちろん字幕の制約で短くしなくちゃいけないのは知ってますけれどねー)

ま、私たち2人はひこーきー、ブノワもクロヴィスもバーカー。たのしー。
と堪能したわけですね。
いい映画でしたよ。ほんと。

で、その前に立川の駅ビルの中にあるお茶屋さんに行ってお茶を飲んで買ったのでした。エリックは中国茶屋さんは何度目かなので雰囲気も慣れてるけれど、初めていくと面食らうかもね。この立川の悟空はなかなか中国の雰囲気があって、ポットサービス(紅茶のポットサービスと違って、お湯をサービスするやかんサイズのポットサービス、制限なし)があるので、何杯でも堪能できるのがよろし。








これはうちの中国茶コーナー。ま、私の宝物というか人生の一部ですかね。



[PR]
by oeuf1 | 2006-03-05 15:57 | 雑感 divers
<< アーティストであるということ なんかばてばてですー >>