カテゴリ:作品 ouvrage( 7 )
ぺちゃくちゃtitilaのウワサ話 les ragots de titila - N1
新しいツールを手に入れたので使ってみたくてこんなの作ってみちゃいました。

第一号は、エリックのおまぬけな話です。
今日のtitila達はこの話で持ち切りなんです。

ぺちゃくちゃtitilaのウワサ話 les ragots de titila - N1(PDF形式)

笑ってやってくださいませ。
[PR]
by oeuf1 | 2006-02-05 21:05 | 作品 ouvrage
倒れてたわけじゃなくてー
ご無沙汰です、皆さまっ。

倒れてたわけじゃないんですよー。実はこんなことしてましたー。

うふ*たまご
http://oeuftamago.blogspot.com/

→皆みれないっていうから本日11月3日、移動しましたー
titila的毎日
http://titila.blogspirit.com/
よろしければリンクに加えてやってくださいませ。

なんか突然絵描き熱にやられまして、鉛筆買ってきてこりこり描いてたんですー。
でもそろそろこのブログも画像容量が一杯になってきちゃってー別のところ探したりして。
いろいろ見てきたけど、老舗のblogger(www.blogger.com)が今結構使いやすいみたいだし、画像300MB。フランス語もちゃんとアクサンテギュでるし、いいかも。
googleが買収しちゃったらしいから、特にwindows派の人は、googleとgoogleの画像ソフトpicasaとbloggerでさくさくっとブログ記事アップできちゃうし(宣伝マンか?→私)。gmailアドレスもってるとよりさくさくさくってできちゃうところがミソ。

→追記 でも見れない人が続出したのはなぁぜーーー。ぶつぶつ。

TBとカテゴリー分けができないのが残念だけど、考えてみたらあんまり使ってないぞ。
じゃぁいいかぁ〜。

ってんでとりあえず、恐る恐る試してみていけそうだったら、おひっこしかなー?
アドレス変えたくないから画像だけ置けるところも一応見つけてみたけど。

どうしましょ?(笑)

ってことで、うちのおちびさんtitilaちゃん(titila的毎日 参照)たちもよろしく。
ぼちぼち描いていくよーな気が...。
続かなくても許してねー。
[PR]
by oeuf1 | 2005-10-29 18:43 | 作品 ouvrage
なぞる指
半分しか分からない言葉は
指で点字をなぞるよう

触れた指の先から
はがれ落ちる

落ちた言葉は 拾えない
感触だけが指に残る

後はただ
指を呆けたように見るしかなく
[PR]
by oeuf1 | 2005-01-08 22:03 | 作品 ouvrage
お湯の音
ときどき
どこにいるのか
何をしてるのか
わからなくなる

そんな時 湯を沸かす
しゅんしゅんと さえずるポット
その音に思い出す

あーこうやって生きていたんだったな
あーこうやって生きていくんだな

だから今日も
何気なく
湯を沸かす
[PR]
by oeuf1 | 2004-12-11 23:11 | 作品 ouvrage
主人が熱を出して
熱を出して
ずっと見ていました

できることがないこととか
泣くことしかできないこととか
身にしみるほど 悲しくて
ただ ぼーぜんと 時を過ごしておりました

今朝 主人が笑って
おでこの熱が冷えてて
ほっとして また泣きました

あなたのいない世界なんていらない
1日だって
[PR]
by oeuf1 | 2004-12-10 18:53 | 作品 ouvrage
スープの卵  un oeuf dans le soupe
スープの中に
卵をぱこっと
割って  落とす
ふるふると 揺れる

日々の情景も
それと同じように
頼りなげに
ふるふると 揺れる

頼むから
あと1日だけ長く
このままで いられますように
ふるふると 揺れる

[PR]
by oeuf1 | 2004-12-10 18:49 | 作品 ouvrage
卵色の日々 la vie en oeuf
ってことで、
どうしてここが卵色日記かというと、ちょうど昨年の今ごろこんなものを作ってたんですね。
自分たちと家族のために。だけど、作るのがちょっと大変っていうのと、もっとたくさんの人にも見せたいなって思って迷って、そのまま中断してしまってました。
オリジナルのデータもハードディスククラッシュで飛んじゃったし。

でも、まあ最初の一歩です。どうして卵なのか思い切り書いてます。
読んでくれると嬉しいな。
下のアドレスに3つほどPDFであります。
la vie en oeuf PDF N1-3
http://www.t-e-a.net/oeuf/
[PR]
by oeuf1 | 2004-11-24 06:34 | 作品 ouvrage