<   2005年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ミュージック・バトン ですかぁ
こんにちはー。なんか週末更新が定着しつつある今日この頃。皆さまお元気でしょーかー。
暑いですねー。今日はほんとにまったく....。

さて、ireniさんzeauxzeauxさんからミュージック・バトンなるものを渡されました。
まーここで辞めちゃうってのも有りですが、皆さんのを見せていただいても面白いなーと思ったので、こういうのにかこつけて聞いてる音楽を見せちゃうってのもアリだなーと思ったので♡。

 ① 今パソコンに入ってる音楽ファイルの容量

これは多いですよー。でもないかな。8.92GB。
ほとんどパソコンに入ってる音楽しか聞いてないし、CDも全部パソコンに入れちゃうからなー。

 ② 最後に買ったCD

えーなんだろ? 覚えてない。多分これかなー。
フランス版だけど。
Debout Les Yeux Ouverts
Sinsemilia / Sony International
スコア選択: ★★★★★













 ③ 今聴いている曲

これはアフリカ系かな。
最近は、アフリカン・フェスタの思い出いっぱいのSekouba Bambinoをヨク聞いてる。

とくに"An nya deme"は素晴らしかったんだもん!

Kassa
Sekouba 'Bambino' Diabate
スコア選択: ★★★★★

















 ④ よく聴く曲、または自分にとって特に思い入れのある5曲

なにかな。

Ne me quitte pas-Jacques Brel ヌムキトパ ジャック・ブレル
Jacques Brel 10/Ne Me Quitte Pas
Jacques Brel / Polygram International
ISBN : B000006UOM
スコア選択:

日本語で書くと間が抜けますね。「捨てないで」という意味です。
思い入れがありすぎで今も胸が痛くなる一曲。
えー主人と出会う前に大好きだったフランス人がおりました。
彼とどうしてもうまくいかずに別れることにしたとき、彼にそれを告げて最後に何かいうことない?と尋ねたとき、彼は何もいわずこの歌を電話口で歌いました。
泣けて仕方がなかった。

彼とはよく電話口で一緒に歌を歌ったりしたんです。次のバルバラの曲もよく一緒に歌った。
歌が上手だといつも褒めてくれた。

この歌はそんな思い出が溢れています。
今は主人が大好きでとても大切に思っているけれど、この曲を聞くときだけは
遠い昔に胸がちょっと今でも痛くなります。

Quand viendra-tu?-Barbara  カンヴィアンドラテュ バルバラ
Dis quand reviendras-tu ?
Barbara

私はとてもバルバラが好きで、それでシャンソンを習いたくなって、フランス語を始めて、主人と出会って。そんな感じだからバルバラはとても大切な音楽。中でもこの曲は好きでもあったし、シャンソンを習っている頃習った曲でもあります。
「いつ帰るの?」 その頃の彼(前述)が私を一人にしてしばらく連絡もくれなかったときがあって、そのときこの曲を繰り返し口ずさんでいました。
パリの春はステキよ。一緒に歩きたいわね。今度の航海で最後だっていったけれど
あなたっていっつもそういうのよね。そんな歌詞です。
これは辛い思い出もあるけれど、それよりなにより美しい曲と歌詞が大好きな曲。
日本ではこのアルバムは売っていません。なんせ初版は1964年というからすごい古いし。
しょうがないのでamazon.frにリンクしてみました。

Parce qu' on vient de loin- Corneille パスコンヴィアンドロワン-コルネイユ
Parce qu' on vient de loin
Corneille / Wagram
スコア選択: ★★★★★

おっとコルネイユと書こうとして、無意識に「カラス」って書きそうになっちゃった(笑)。
コルネイユは人の名前として使うけれど、雌カラスの意味でもあるんです。
コルネイユ、ごめん。
ある日、主人とskyrockというフランスのラジオをインターネットで聴いていたら、おお良い曲が! エリック! 探してっ! すごいよね、探してくれたもん。これがコルネイユとの出会い。
そして今にいたるまではまっておるわけなのですよ。
この曲もいいけれど、なんたってvideoがすごくいい。ミュージックvideoを見る機会があったらぜひ見てね。
あ、意味は「だって遠くから来たんだもん」彼は内戦中のルワンダから出てきて、ながれ流れてカナダに安住の地を求め、フランスで大ヒットした人なのですよ。遠くから来たってそりゃそうだよね。
ただし、ただ遠くから来たよーなんて言っているわけでもなく、なかなか歌詞は哲学的、意味深長で好きなのです。

Tout le bonheur du monde- Sinsemilia トゥルボヌーデュモンド サンスィミリア
Debout Les Yeux Ouverts
Sinsemilia / Sony International
スコア選択: ★★★★★
この世の皆の幸せという題ですが、皆が幸せになればいいよね。いい世の中を子供たちに残したいよねという不変テーマを歌っています。ばかばかしいほど当たり前だけど、そのことをちゃんと歌っているという姿勢が好き。ちなみにサンスィミリアはマリワナの一種類のこと。
彼らはライブビデオが出てますが、この袖に主人エリックはいて一緒に参加してたとのこと。
どうやって?何やってたの? 踊ってたんじゃないの? 不思議な人ー。
ま、とにかく彼にとっては「俺ここにいたのー」とvideoの画面の端をさして思い出に酔いしれられるグループなのでした。
やっぱりうちの主人って何者? おかしすぎるー。

Live television - Youssou N' Dour ユッスー・ンドゥール
Eyes Open
Youssou N' Dour
スコア選択: ★★★★★

ユッスー・ンドゥールといえば、セネガルの有名ミュージシャンですが、私はとても昔から知ってるのですよん。私の愛する鐘や太鼓の仙波流お師匠、仙波清彦先生が世界中のパーカッショニストを集めてやったコンサートで初めて彼の演奏と歌を聴いてショーーーク!かっこいい♡。その後随分後でHONDAの車のコマーシャルでオブラディ・オブラダが流れていたので、それで知った方もたくさんいるんじゃないかしらー。
だけどセネガル人だと知ったのは、つい最近のoeuf家にやってきてるアフリカ・ブームで。
ワガンもユッスーもセネガル人だよ。クワ?(何?) と思わず聞き返した私でございました。

ねー5曲選ぶのってすごい難しい。もう2曲いい?

mon jardin d'hiver- Henri Salvador モンジャルダンディヴェール アンリ・サルバドール
Chambre Avec Vue
Henri Salvador / EMI
ISBN : B00004YMVG
スコア選択: ※※※※※

「眺めのよい寝室」とでもいいましょうか。私のフランス語の先生Franckが歌も教えてくれていたとき、アンリ・サルバドールの曲が多かったので、思わず探して買っちゃったんですよね。どれも美しいフランス語ボッサの名曲といっていいわけなんだけど、特にこれが好きかな。
僕の冬の庭 というタイトルなんだけど、夢のように美しい情景が描かれています。
正確には覚えてないんだけど、彼女と僕の庭で踊ろう、十一月の雨にうたれた君のドレスは花が舞い...みたいな美しい歌詞。大好き。

そしてこれが最後。
Avec Le Temps - Leo Ferre アヴェクルタン レオ・フェレ
Avec Le Temps
Leo Ferre / Barclay
ISBN : B00000GAUS
スコア選択: ※※※※※

まー私はこの人の美しい音楽達を一生愛するでしょうね。すごすぎる。
フランスの三大シャンターといえば、レオ・フェレ、ジョルジュ・ブラッサンス、ジャック・ブレルですが、私は最初レオ・フェレがとても好きになって、それから主人が大好きなジョルジュ・ブラッサンスに走って、うーん今は結構ジャック・ブレルですね。
レオ・フェレはすごく歌い上げる強いシャンターなので、体力のあるときに聞きほれたいときにはいいかと。
ジョルジュ・ブラッサンスは、つぶやきに近い感じもあって、フランス人にはとても人気だけれど最初私は良さがわからなかったですね。フランス人のシニカルな感じ、これは彼が一番的をえている。
そして、ジャック・ブレル。彼はベルギー人なんだけれど彼の歌っているvideoを見て彼は間違いなく天才なんだとわかりました。神がかってる。すごすぎる。そして表情がとても豊か。
で、レオ・フェレはシャンソンを習っているときに、先生が「フランスの詩人の歌をたくさん歌っている人がいるよ」と紹介されて聴き始めた。最初先生のお宅できいたときは感動で涙が出ましたね。ランボーとかボードレールとか私の十四歳ぐらいの頃からのヒーロー(間違ってるよね、この時点で。私の人生...すでに)がメロディにのってフランス人の声できこえてくる。それだけで感動してました。

このアヴェクルタンは、実はレオ・フェレの曲だけど最初に聴いたのは、アンリ・サルバドールの来日コンサートで。なんだこの美しい曲は!?とコンサート会場で号泣してすぐに調べて購入♡。「時が過ぎれば」という意味ですね。時が過ぎれば、君のことも、君とのことも、すべて全部忘れてなんともなくなる。そうさ。時さえ過ぎれば。そんな曲です。

どうかな。きっとireniさんが満足してくださるような、「フランス在住よりフランスっぽい」選曲だったんじゃないでしょーか。ほんとはもっとたくさん好きな曲あるけれどね。まーとりあえずこんなもんで。


 ⑤ バトンを渡す5名の方
これはーごめんなさい。ほとんど私が遊ばせていただいているブログではすでにバトンが渡っちゃっているので、五名の方にお渡しするのはご容赦くださいな。
と思ったけれど、一人だけ興味しんしんな方がいらっしゃるので、お願いしちゃおうかなー。

音楽関係がお仕事のluciaさん。ご迷惑でなければバトン受け取っていただけませんか?
お忙しすぎならよろしいですけれど、もしoeufの興味を満たしていただけるなら、もー感激ですっ。

さて、これからoeuf家はちょっと支度して、いよいよマオドゥのクスクスパーティーへ。
昨日突然呼ばれたんだよねー。おいおい、急に予定入れられるの苦手なんだけどなー。
これもア・ラ・アフリックなんでしょーがないですかね。
ってことで、またー。
[PR]
by oeuf1 | 2005-06-25 12:18 | 聴く ecouter
さて「まめや」の料理とは?
さて、友人Satokoの家庭料理屋「まめや」の肝心かなめ、料理をお見せしなくちゃあね。

これまでの話はこちらで見てね。
とうとうオープン!? 友人Satokoの家庭料理屋「まめや」

b0048729_16264788.jpg

これがお通し風景。
この日は、ソラマメの甘煮がでました。おいしいわ、これ♡。

どーして「まめや」なの? と尋ねたら、やっぱり「まめまめしい」とか元気かどうか尋ねるのに「まめにやってる?」とか尋ねたりするんだって、彼女の郷里、岐阜のほうでは。それに「お豆」をちょっとひっかけてみた、んだってさ。

というわけで青々しい色も鮮やかな枝豆の箸置き。うーん、まめやだぜ、と思ってしまいました。
ワインもパイレックスで出してくれるあたりが私的にほっとして好き。日本酒やビールや焼酎もあったよ。これはハウスワインということだったけど、味はしっかりおいしかった♡。

次は、なんていうのかな、最初の皿です。先付うー日本語的にしらなくてごめん。
b0048729_16314063.jpg


青大豆
がごめ昆布と人参のマリネ
鶏レバーのワイン煮

盛りつけもきれいだけど、味もとっても♡。
がごめ昆布と人参のマリネは、ちょっとごま油が香っていて、これが食欲をそそるのよねー。
もちろん、鶏レバーのワイン煮は全然臭みなし。おいしかったー

次は刺し身。
b0048729_16341982.jpg


三陸ほたてのさしみ

はっきり言いましょう。私はほたてがあまり得意でない。というよりおいしいなら好きだけどさ。
三陸沖に住んでいたとき、母あてに父の部下がやまほどほたてやうにを取ってきてくれてたんだけど、「ながめてるだーけー」でほとんど食われた覚えが恨みとなって...。いやあの帆立のオレンジ色の部分が怖くてね。ちょっとね。貝柱は好きだけど、エリックほどじゃない。
エリックは大大大好き! だから争うほどでもないやーといっつも1つぐらいしか食べずにエリックにあげちゃう。この日もそうだったけど、おいしかったのよー。ただ、エリックが尋常じゃないほどほたての刺し身好き。なんで委譲いたしましたってなわけ。

やわらかくて良い色のおいしい貝柱でございました。
ちなみに上にのってるのは、うちからおみやげにもっていったイタリアンパセリ。不思議と似合っているのがおかしい。

次が塩辛。自家製の。
b0048729_16382236.jpg


Satokoはエリック大丈夫かなー?と気にしてたけど、むしろoeufのほうが初体験。
エリックはほとんど何でも食べちゃうタイプだけど、oeufは食べたことないものも結構あったりして、塩辛とか匂いがきついのは敬遠しがち。かくして初体験だったのでした。

でもね、ゆずの香りがきいていて、すごい新鮮な味がしてとおってもとってもおいしかった♡。これならoeufでも食べられる。
エリックは人のまで手をつけそうな勢いで食べておりました。まったく油断も隙もないったら。

それから、紅鮭の塩焼き。これぐらいシンプルな料理もめずらしいぐらいだけれど。
b0048729_16414999.jpg


もー色を見ただけで叫んじゃった! だってその辺で売ってるしゃけの色じゃないんだもん。
油の乗り方も全然違う。何これって感じ。天然ものの鮭なんだってさ。
味ももちろん全然違う。北海道生まれのoeufはシャケを死ぬほど食べた、と思うけれど、これはおいしかったーねー。

次はチキンのスパイス煮込み。このコースでは、鮭かチキンか選ぶんだけど、私が鮭、エリックがチキンだったのでどっちもご相伴したってわけ。

b0048729_16431520.jpg


単純にいってしまえば、カレー煮込みだけどさ。香りと味が単純に辛い!ってんじゃなくて、ふんわりしておいしいんだこれ。なかなか技ありなおいしさでしたよん。

それからカツオのタタキ。
b0048729_16464762.jpg

何を語れというんですかあって感じ。新しょうがとにんにくとおいしいたれと主役のカツオ。
違いますよ。ほんと。がつがつ食べちゃいました。

そして、ぜんまいうま煮。
b0048729_16502974.jpg

私が小さい頃過ごした地域では、ぜんまいとかわらびとかの煮物は普通に食卓にでてました。
水煮で売ってるのを使ったらしく、なんというか白アスパラガスの缶詰めみたいな、くたくた触感で子供的には嫌いだったけれど、それでもなつかしい子供の頃の味。

これを久しぶりに、食べられたの。うーん何十年ぶりかしらー。
しかもくたくた触感じゃなくて、しゃきしゃき触感で食べたのなんて初めてかも。
手間かかっただろうなー。うーなんというか料理人の苦労が忍ばれてしまう、でもとーっても懐かしくておいしい旨煮でした。

それからご飯。菜々ちらし。
b0048729_16534289.jpg

この赤いのは、しょうがじゃなくて赤ピーマン。
これがぐっと彩りを良くしてた。

実はこれはSatokoの実家の店でも古くから出しているものなんだって。
そーですSatokoの実家は、地元でも古くからやっている料理屋さん。
小さい頃からお母さんのていねいに出汁を引く姿と香りに包まれて暮らしていたんだよね。
特に有名なのが、巻きずし系らしく、私も一度しか食べたことない。
Satoko、お願い作ってよー。と皆から熱烈なラブコールのある品。

というわけで、もちろんのことながら、このちらしも長年の歴史を感じさせるというか、ずーっとこの味なのよね、のこの味って感じ。よーく見るとたっくさんの具がはいっていて、これをぱくって食べるだけで、うーん幸せ♡。

そして、ちらし寿司なら、お吸い物でしょー。
b0048729_16581764.jpg

みて、この自信満々な具のなさ。そして、自信たっぷりなのもうなづける味。
だってさー、吸い物こそ、いかにだしを上手にとれてるかが、すぐばれるじゃない?
私は、よほどの気合いがあったって、吸い物は作りませんねー。みそ汁に逃げます。
料理の腕ってシンプルなものにこそ出るんですよねー。
このお吸い物は本当においしかった♡

そしてお漬物がでて、甘いもの。あ、写真撮りわすれた。
フルーツに、あずきとココナッツミルクのかかったデザート。
ちょっとしたものだけど、ココナッツミルクが効いてておいしかったよー。

そしてお茶。ブレンドは私。家で試したときと水が違うので、味が変わってしまって、つい厨房に入ってブレンド比率の調整しなおし。最後には無事なんとかおいしいお茶が入るようになりました。

というわけで、六月のコースを全部食べてみたんだけれど、うーんおいしかったー。満足満足。
それになんとも暖かい空気と懐かしい家のにおい。そういったのもご馳走のうちよね。

ってことで大満足の一晩でした。
Satokoも楽しかったみたい。大笑いしながら料理だしてました。
b0048729_1784567.jpg


最後に番外編。へへ、まかない料理まで食べさせてもらっちゃった。
みがきにしんの煮物。
b0048729_1792980.jpg

これまた北海道出身の私には懐かしい味。うーんおいしかった。

ごちそーさまでしたっ。
また行くね。

結局、おいしかったー♡しか言葉がなかったけれど、ま、そんなもんよね。
おいしいものはおいしいのですわ。

さて、oeuf夫婦に同行して「まめや」でご飯食べたいなって方は名乗りをあげてくださいなー。土曜日の夜しか行けないけどね。行けたら一緒に行こうよ。ね。
[PR]
by oeuf1 | 2005-06-19 17:14 | 食べる manger
とうとうオープン!? 友人Satokoの家庭料理屋「まめや」
いやー先週なぜ更新できなかったかーというと、1つにはこれが原因。

だってね、朝八時に電話かかってきたですよ。友人Satokoから。

「店、仮オープンしたから食べに来ない?今夜」

ほえ。OK。行きますですよーもっちろん。

というわけで唐突に仮オープンした友人Satokoの家庭料理屋「まめや」。

これまでの話はこちらで見てね。
友人の家庭料理屋の改装手伝い♡
料理人の友人、現わる

ま、そんなわけで天井塗を手伝ったり、お茶のブレンドに口出したり、なにより仲良しの友人夫婦が店を出すんだ。嬉しくないわけがない。

というわけで、まずは基礎アクセスデータからお知らせ。

まめや
〒104-0041 中央区新富1-7-12
TEL 03-3206-3155
営業時間=18:00〜22:30
休日=日・月・祝祭日

尚、店内は禁煙です。

道順=有楽町線新富町駅3番出口を出て、出口を背にして左に
進むとampmがあります。ampmを左に曲がりすぐの角を
右に曲がった2件目の住宅です。店の正面に縦格子があります
。隣の宮川医院の看板も目印になるかと思います。
徒歩2分。

最寄り駅=有楽町線 新富町駅(徒歩2分)
     日比谷線 八丁堀駅(徒歩8分)
     日比谷線 築地駅(徒歩10分)

※7/1正式オープン、だそーですが
このブログで興味を持った方は電話いただければ、いつでもいらっしゃいませ、ですって。
「卵色日記」で見ましたーと一声かけてくださいね。

店構えからお見せしましょー。

b0048729_16112146.jpg


なんともちょっとレトロ入った感じが、結構いいんですよー。
左側に小唄のお師匠さんがいらっしゃるとかで、時々お食事してると、小唄などが聞こえてきたりする、かも。いいでしょ?

これが入り口。
b0048729_1612412.jpg


これが中。そうカウンター席しかないんです。これほとんど全部手作り。
まーよくやったよねー。
左がご主人の長谷川さん。右が友人Satoko。
二人ともとってもいい友人でとっても仲良しなの。
b0048729_16125734.jpg


カウンターにすわって背中側には、小唄のお師匠さん家方向にこんな扉があって、暑いときとかうるさくなければ開けておけるの。古い木の空気があって好きな格子戸。懐かしいにおいの風がふくよ。
b0048729_1614405.jpg


六月のコース。これで3500円。実際食べたけどお腹いっぱい。味は保証できるし、なにより安心だし、リラックスできるし。高くないと思うよ。素材は厳選していて化学調味料なんぞ使ってないんだもん。
b0048729_16163838.jpg


アラカルトの値段。お店って入る前に金額でどきどきしない? 
まめやはこんなもん。
b0048729_16175168.jpg


友人だからここまで撮ってお見せできるという、荒技だけど、まめやはこんなん。

さて、肝心の料理は? 写真が多いから次にいってみようかな。
[PR]
by oeuf1 | 2005-06-19 16:20 | 食べる manger
近況はといえば
かなり疲れ気味ですーこんなところで愚痴ってどうするーだけどね。
仕事場は空気もいいし、ゆったりしてるし、いいんだけどー。なにが問題なのかな。
それをずっと考えて答えを探してる感じ。

エリックの面接結果はまだ決まらない。
マオドゥがずっと忙しくて大使館にも行けてないしね。
でもマリ大使館の人から仕事を頼まれるかも。
決まればいいなー。

語学教室も今行っているところはだいたい一番上のクラスまで行っちゃって他がない感じ。
新たなところを開拓中。安くて便利なボランティア教室があるといいんだけどなぁ。
でもボランティアの方々のエネルギーには頭が下がる。問合せに半日もしないうちにお返事もらっちゃった♡。エリックの日本語勉強熱がまた上がってくれるといいなー。

そんな感じ。平々凡々。それがいいかな。
[PR]
by oeuf1 | 2005-06-19 11:26 | 雑感 divers
フランス映画三昧ーだけどタイトルがねぇー
さてさて、無事にJ:COM デジタルを導入し、デジタルケーブルテレビ(変な言い方だね)になった我が家。

新たに見れるようになったチャンネルが2つ。わーお。いやもっとあるけれど家的に2つ。
ナショナル・ジオグラフィー
シネフィル・イマジカ

これによって、自宅で見れる動物ものと映画がすっごい増えたわけですね。ラッキー♡。

で、昨日見た映画はこちら

パリの確率
パリの確率
/ ポニーキャニオン
スコア選択: ★★★★★

映画としては、笑える結構軽いタッチで進む(でも奥は深い)映画で楽しかった♡
なかなか展開が鋭いというか、きゃーそうなるのー、やだーはははーっていう感じなんだけど私としては最後まで納得いかないことが1つ。

タイトルの邦訳。
パリの確率
うーん原題は Peut-etre。最後のロールが流れるときにミュージシャンが歌っている歌にも繰り返しでてくるけれどmaybe。つまり多分って意味なんだよね。
実際には、映画の最後の最後に、彼氏が彼女に「子供が男の子だったらアコって名前にしようよ、ね?」というのに対して彼女が「多分ね Peut-etre」っていう、この言葉がタイトルになっているみたい。
パリの確率っていう語感から得られるような、なんかきちっとしたはっきりしたものじゃなくて、この「多分ね」という揺れる思い、ふわっとした空気、みたいなものがタイトルに出てるんだと思うんだけどなー。

もう1つ大好きな映画で以前みたのを紹介するね。
リード・マイ・リップス
リード・マイ・リップス
/ メディアファクトリー
スコア選択: ★★★★★

私の愛するヴァンサン・カッセルの非常によくできたサスペンス映画(っていうか、いつものヴァンサン・カッセルの役どころっていうか)
非常に込み入っていて、伏線が上手にはっていて、これがタイトルによく効いている、タイトルとしては秀逸なものだと思うんだけど、邦題は....英語かい?
フランス語で見たので、絶対このタイトルは情けなくなると思って、今のいままで確認せずにはいたけど、英語...とは!?
わからないじゃないのー。空気も意味も。
直訳すればそれでいいの? もー。

原題はsur mes levres 。本気で直訳すれば「口元に」とでもいうんでしょうか。
唇の上に、なんだけど、例えば言葉を話せない人たちの「唇を読む」ってのはこういう表現を使うし、唇にキスするのを、唇にを強調したければやはりこういうし、口元に出かかっている言葉のこともこういう言い方を使うし。もー簡単じゃないのよっっていいたい。ただ唇を読めじゃないの!! まして リード・マイ・リップスじゃないの! ぷんぷんっ。

でも映画は本当によい出来。手を叩いてブラボーって喜んじゃった映画です。
私の映画の好みって、伏線が張り巡らされながら少しずつ真綿で首を締めるように、真実とか監督の言いたいことがあきらかになっていくタイプなのよね。フランス映画が好きなのは、そういうのが多いから。

そしてタイトルの付け方がとてもよく考えられているから、よ。
日本のタイトルの付け方って体言止めにしないと落ち着かないのかな。
確かに「多分」「口元に」じゃ映画のタイトルにはならないだろうと思う。
「多分...」で少し落ち着くかな。でももっと思春期の揺れる心みたいな映画を想像しちゃうよね。なら、英語の映画はタイトルをそのままカタカナにするんだから、フランス語も「プテートル」「スゥルメレーヴル」にすりゃーいいのに。アマンとか平気で使ってるじゃない?
変なの。

もう1つ紹介。愛するYamakasi

YAMAKASI
/ パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
スコア選択: ★★★★★

何が好きったってねーこの勧善懲悪な世界。正しいことはいつでも正しい、な結末。
そして超格好良いフランス移民達♡。フランスの良心な映画だと勝手に思ってます♡。
これは以前書いたそして ヤマカシ Yamakasiに詳しく書いたから見てね。

こちらのタイトルは、まーグループ名そのものだから変更の必要もなく、まあこんなもんでしょ。かな。ちなみにYamakasiはザイール語で、心身強健の強い男、Esprit fort, Corps fort, Homme fortという意味なんだって。

フランス映画は内容だけにあらず。タイトルだって大切にしてくださいよぅといいたい。
でもこのフランス語のニュアンスを日本語のタイトルにして伝えるの、大変なんだろうな。
ご苦労お察し申し上げます。でもなんとかして...(しつこい)。

それからmerdeとかの訳語を字幕sous-titreにして出さないでください。
ヒラガナの読めてしまう主人が覚えてしまうじゃないですかー。
昨夜、その後使うなっていう説明にひどく時間がかかったんだからー。

なんてね。それでもスキスキ フランス映画。六月はカンヌ映画祭と横浜フランス映画祭のおかげでどこの映画チャンネルもフランス映画三昧。

まだまだ見ますよー。
[PR]
by oeuf1 | 2005-06-19 10:30 | 見る regarder
そしてTBスパムに勝てるのか?
(こちらは、「お目だるい話」の「「ID・URLの拒否設定」に朗報か?」にTBさせていただいております。参考になるお話ありがとうございました)

皆さまお久しぶりでございますー。先週はへたっておりまして、先週中は体調も超悪く週五日の仕事に三日とちょっとぐらいしか行けませんでしたー。かっこわるー。
これも天気のせいと会社が遠いせい。ふぅー。なんとかならんかなー。

さて、今週は天気もいいし、気力も回復してきたoeufがお届するですよん。

負けたーTBリスト消しますー から二ヶ月。
oeufとしては一大決心でTBを復活させることにしました。

圧力に負けては女がすたるっってなわけでもないけど、TBしてくださった人を見逃してたんですね。やっぱりせっかくTBしてくださった人を無視する結果になるのはよくない!

で、見つけたんですが、こういうのってトラックバックスパムっていうらしいですね。コメントスパムっていうのもあるらしい。いずれもcasinoだとかdrugだとかのサイトがリンク数を増やすために自動で行っているものらしく(私のにらんだとおり!)、しょっちゅうアドレスが代わるので、exblog的には「ID/URLの拒否設定」をいくらしてもどんどんTBされてしまう、といううんざりもの。
二ヶ月前にこの多さに辟易してTBリストを消したんですね。

そうしたら、対策法の1つに有効そうなものがあったので、それをやることにしてTBリストを復活させてみました。
これはこんな感じ。つまりonlineって名前のついてるリンクすべてを「online」って書いて禁止しちゃえば拒否できるというすぐれ技。

こんなふうに使います。
1,設定 にいく
2,記事管理にいく
3,1ページあたり●件ずつ って書いたところが本文欄のほうにあるので、そのすぐした「トラックバック」をクリック
4,ブログタイトル と書いてある部分の下のほうが、TB先のアドレスにリンクしているので、このタイトルを右クリック(macならctrl+クリック)
5,アドレスをクリップボードにコピー みたいなメニューが出るはずなのでそれを選択
6,左メニューからID/URLの拒否設定 を選択
7,選択してくださいをURLにして、その右の空欄の中をクリック
8,右ボタンクリック(かctrl+クリック)で、貼り付け(またはペースト)を選択
9,この中でキーワードになりそうな言葉(onlineとかcasinoとか)だけのこして後は消しましょう。
10,リストに追加 をクリック(ここまでをキーワードの数だけ繰り返す)
11,左メニューから 記事管理をクリック
12、1ページあたり●件ずつ って書いたところが本文欄のほうにあるので、そのすぐした「トラックバック」をクリック
13,消したいTBの左側にチェックボックスがあるので、消したいTBはすべてチェックボックスをクリックして、チェックマークを入れる
14,画面の一番下あたりに「削除」ボタンがあるのでこれをクリック

ちなみに私がキーワードとして登録してみた言葉は以下の通り。
online
texas
poker
viagra
casino
diet
credit
roulette
slots
phentermine
blackjack
loan
porn
sex
adult
debt
mortgage
gambling
pharmacy
cialis
hold-em
pharmacies
allegra
propecia
prescriptions
prilosec
protonix
zithromax
order
drug
medications
on-net
slot-
weight
payday

全部URLの禁止設定しちゃえば、皆さんにも有効なハズ。

結果は見てのお楽しみ。TBスパムつくかなー。どきどき。
効果がありますよーに。
[PR]
by oeuf1 | 2005-06-19 09:58 | ブログスタイル style de blog
幸せでぼーっとする日曜日
アフリカの音楽を聴きながら一日を過ごしていると
なんだかいろんなことがどーでもよくなってきて
それより
空の青さ
b0048729_16234041.jpg

とか
雲の白さ
b0048729_1624047.jpg

とか
影の形
b0048729_16243264.jpg

とか
幸せに酔っぱらった夫
b0048729_1625389.jpg

とか
そんなもののほうが大事になる
幸せなoeufです。
b0048729_16252255.jpg

[PR]
by oeuf1 | 2005-06-05 16:24 | 雑感 divers
このごろは...
今週はなんだかとてもへばってしまったoeufでございます。
近況だけちょっぴり書こうかなと。

会社のほうは、まあ新しい環境にも慣れつつあります。空気がいいしね、気持ちが良いです。
でも通勤時間が毎日一時間ずつ伸びたのはすごく身体に負担みたいで、正直しんどいです。
この土日も寝てばっかり。おまけに雨がたくさん降るから自律神経弱いoeufは最低。
ちょっとしんどいなー。

主人の仕事はまだ結果がでてません。先週は結局大使館に行かず、待ち状態だったんだけど何も起こらず。今週は行くといってますけれど...。

そうそうケーブルテレビのデジタル放送に加入することにしました。
そうすると映画チャンネルが1つとナショナルジオグラフィーチャンネルが増えるんです。これに惹かれてしまった(笑)。

ジロ・デ・イタリアも始まってます。ってなんのこと?な人は、自転車の国際大会イタリア版ですね。なぜか自転車競技の大会を見るのは好きな私。来月は、ツール・ド・フランス。また自転車の音をぼーっと聞きながら過ごす、という意味ないような日々を送るに違いない。
エリックのパパもツール・ド・フランス好き。エリックはそれほどでもないけどoeufが好きだから一緒に見てる。あーここは○○なんだよーと観光案内してくれる。自転車の画面はあんまりみてないね。日本のアナウンサーはツール・ド・フランスっていうと、競技として語ってくれているけれど、フランスのアナウンサーっていい加減。飲んだくれのおっちゃんが観戦しつつおしゃべりしてる、みたいなたわいのない事をいってて笑えます。

カンヌ映画祭と横浜フランス映画祭を祝して、六月は毎年フランス映画がもっとも多く放送される月。こちらではめったに見れないものも見れそうで、これまた楽しみ。

友人のレストランも六月にオープン予定。だからこれも楽しみだしー
六月には、フェットドラムジーク といってフランスを中心とした世界各国で行われる音楽の祭典があるから、東京日仏学院でも二十五日にやるみたいだしー。

ま、そんなこんなで六月は過ぎていくのだなーってそんな感じ。

早く身体がもうちょっと楽になって、もう少し頻繁に更新できるようになりたいなー。
ということで アプリュスー。
[PR]
by oeuf1 | 2005-06-05 08:37 | 雑感 divers