<   2005年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
プティ・カド
まめやに行く前に銀座を散策した私たち。何も考えずに銀座を選んだわけではありませんでした♡。

私「ねぇーエリック。久しぶりに銀座いってプティ・ポム(petit pomme,小さな林檎のことですが、この場合ちょっと違う。英語に直してみてくださいな)みようよ」
エリック「何?マルオカー(mal au coeur, 胸が痛い、まーつまり欲しいのに買えないと悲しみで胸が痛いと、こう言いたいわけです)になりたいの?」
私「だめ?」
エリック「いいよ。僕もたまにはマルオカーしたいから」

私は元より10年以上前からのmac使い。仕事がらっていうのもありますが、好きなんですねたまらなく。
主人はwindows使っているけど頭の中はmac大好き。
2人にとって銀座にそびえ立つアップルストアは、いわばなんというか大本山なわけで、行くだけでどきどきうきうき。しかも何カ国語にも対応するスタッフがいるから、エリックはごく自然に普通に質問し買い物をしようと思えばできる場所でもあるのです(買ったことないから、真実はしらない)

へたなテーマパークより、私たちにとってはよほど楽しい場所。それが銀座のこともあろうにど真ん中4丁目に立つAPPLE STOREなのです。

そういう気分を知っている私は、誕生日のカドとして、あるイベントをもくろみました。
そしてこれが伏線だったのです。

予定通り銀座につき、APPLE STOREでいろんなものを眺めたおし、触りまくり、4階にあがるとiPodの山が。そしてゲームコーナーと化したキッズ・コーナーが。
エリックはいつもここで楽しくしばらく遊んでくれるのですが、全然遊んでくれません。
新しいiPod photoに夢中です。

やばい....。計画倒れになっちゃうー。

oeufはここで突然お腹が痛くなります。

私「エリックー。お腹痛くなっちゃったから、トワレ探して行ってくるね。ここで待っててね。
あっちこっち行っちゃだめよ! ここで待っててね」
エリック(気もそぞろ)「ok」

私は急遽1階まで駆け降り、目的の物をゲットして4階に戻ってきたのでした。
エリックは以前iPod photoと遊んでる途中。

私「ごめんねー。もう大丈夫」
エリック「見てー。これフランス語表示にしたいんだけどー」
私「ここ選ぶといいよ」
エリック「あー♡できたー♡」

もー私が何か抱えてきてるのも気づきません。

公衆の面前でやると決めてたのです、やるしかないっ。

私「ジョワイヨ・アニベルセール」(Joyeux anniversaire、お誕生日おめでと、かな)
(ゲットしたものを渡す)
エリック 「・・・」

あまりにびっくりして目がまんまるくなって理解ができなかったらしい。
数秒後、やっと頭がまわりはじめたエリックはビズの嵐。むぎゅーと抱きしめられて息もできませんでした。

そうやってAPPLE STOREを出たら、ちょうど歩行者天国。
エリックの身長の高さはただでさえ結構人目を引きます。ガイジン多い銀座でさえも。
しかもアップルマークばっちり入った袋を抱えてるわけだから、もー通る人が皆注目。

エリックは、そう生まれながらの人目を集めるタイプの人なんですよ。
だから銀座のど真ん中で注目を浴びる、しかもAPPLE の包みは結構皆見て「いいなー」という顔をする。
そんなふうに見られる気分もあわせてプレゼントしたかった。
だからAPPLE STOREまでわざわざ行ったのです。私の狙いはぴったりでした。

そうやって銀座のプティ・ポムでゲットした、こちらが今年のカド。

b0048729_1992417.jpg


来年も何かあげられるといいな。そうであることを祈りつつ...。
[PR]
by oeuf1 | 2005-07-31 19:10 | 雑感 divers
「まめや」7月16日の2
長過ぎなので2つに分けちゃいましたー。

ここまでの話はこちらを見てね。
「まめや」7月16日

ということでここからは動物系。

まずはさんまの焼き物。
レモンじゃなくてライムが出るんだけど、これで焼き魚を食べるとなるほど納得。
レモンって結構魚の味を邪魔してたんだなーってわかっちゃうってなものなのよねー。

b0048729_18322089.jpg


それから鯛。骨が多いので身をほぐすのはちょっと手伝ったもののその後は動物本能発揮のエリック。見事ににゃおーんと鳴きながらたいらげて、猫またぎ状態にしてくれました♡

b0048729_18372967.jpg


そして肉ジャガ。Satokoは岐阜の出身だからなのか、エリックの趣味にあわせてくれたのか、牛肉と九条ネギの肉ジャガがでてきました。私的には豚肉とタマネギ。地域性でるよね、これって。味はちょっと濃いめのちょっとすき焼き風。でも日本で実は肉料理でがんばっちゃおうって思ったらやっぱり薄い肉の料理なんじゃないかって。うん確かにステーキなんかじゃかなうはずないもんね。一理あるよ。
すき焼き風はいつでも日本人のお気に入り。なんじゃないのかな? 私的にはうーん結構ソウルフード。
b0048729_1841947.jpg


そしてお食事。Satokoの実家は岐阜のお寿司で有名なお店。特に助六とかねお稲荷とかね。
っていうんで、実家直伝のお寿司をここでも食べさせてくれるようになりましたー♡。
うん、東京の助六は普通おいしくない。関西の助六をたっくさん食べた私としては砂糖を入れる量の思いきりが悪い!従って中途半端に酸っぱい! Satokoの助六は安心して食べられる、100年の歴史を感じました。

b0048729_18432486.jpg


さて、これが最後の鯛づくし。潮汁でございますー。これで1匹の鯛も本望でしょう。すみずみ食べちゃいましたから。

b0048729_18441726.jpg


最後はデッセール。お笑い企画でございます。見て。

b0048729_18445894.jpg


隣の小さいのが普通のココット型に入ったデッセール。普通サイズでございます。私の。
エリックのは、まーカフェオレボール並といっていいでしょうねぇ。
日本の飾り付けのセンスに馴染まないらしく、余ったスペースを苦慮して飾ってくれてますね。
すまんのーSatoko。
抹茶味のババロア、桜風味づけ。桜キチガイなエリックにしてみれば、うるうるもののデッセール。あっというまに完食でした。

この日の酔っぱらった最後の記念撮影。Satoko旦那がとってくれたため、別にエリックが撮った写真と合成して宙に1人だけういとりますが、怪しい写真ではごじゃりません。

b0048729_18484792.jpg


というわけで、幸せいっぱい、お腹いっぱいのご馳走をいただきました私たち。

ありがとーよー。また行くねー。
今度はどなたかご一緒しましょーねーぜひぜひ。
[PR]
by oeuf1 | 2005-07-31 18:49 | 食べる manger
「まめや」7月16日
ってことで
これまでの話はここで見てね。
「まめや」でアニヴェルセール♡

肝心のお料理いきましょ。
まずは枝豆。意外と目からウロコ。
皮出さなくていいと、こんなに楽だったのねー。

b0048729_18175289.jpg


次がジュンサイ。エリックへの説明にはSatokoと私の2人がかり。手振り脚振りまでついての大奮闘。
まあいいって。食べなさいって。
わさびがね、入っててね、おいしいんだわ。ジュンサイとわさび。知らなかったなー。

b0048729_1819451.jpg


そして冷ややっこ、ジュレ仕立だそうで。見た目もかわいいんだが、味はもーすばらしくてねー。ちょっとお酢が入っているジュレが清涼感をかきたてます。
名前だけだとイメージがわかないのか、オススメなのに注文があまり来ないんだって。
見てよ、この可愛さ。

エリックいわく「フランスでは中身がわかるように、切った後とかの写真も撮るんだ」
あっそ、じゃ撮っていただきましょー。こんなんです。

b0048729_18215181.jpg


それから刺し身。さんま、さざえ、鯛。やっぱり祝いごとには鯛だよねーと私たちのために一匹鯛を買ってくれたんだって。これがあるから、やっぱりやめられないよね。ちゃんと予約するってさ。

実はさざえを何て言うか分からなくって「えーっとー貝だよ、貝」と荒っぽい説明をしてたら、
貝殻をとり出してきてSatokoが飾ってくれた。やっぱビジュアルに訴えるのが一番だわ。
エリックもわかったみたいだった。さて、さざえってフランス語って何ていうの? やっぱり謎な私。

b0048729_1823436.jpg


それから鶏の内臓の煮込み? 山椒がきいててね、これまたおいしかったー。

b0048729_18335447.jpg


次が白あえ。かなり珍しいと思うんだけど、クレソンの白あえ。これがおいしかったんだわー。
そしたらエリックが「クレソンって街の名前なんだよ。そこの名産なの」なんていうもんだから
Satokoが「じゃー小松菜と一緒だー。小松町でできてた菜っ葉が全国的にひろがったの」
あーだめだーもー。クレソン=小松菜になっちゃったじゃないかあああ。

b0048729_18261375.jpg


次が山芋の千切り。山芋のとろろ状はあまり得意でないエリック。Satokoもちょっとチャレンジだったみたいだけど、これは山芋の味そのものも濃くてとってもおいしく、エリックもぺろっと食べちゃいました♡。

b0048729_18274960.jpg

[PR]
by oeuf1 | 2005-07-31 18:28 | 食べる manger
「まめや」でアニヴェルセール♡
お久しぶりでごじゃいますー皆さまっ。
なんとか元気にやっておりまするー。

ってことですっかり遅くなってしまいましたけど、エリックのアニヴェルセール(anniversaire,誕生日)話つづき、などを。

結局7月16日当日は少し早めに銀座に出て銀座をお散歩。
実は銀座は私の大学時代からのお気に入りの街。何も買えなくてもぶらぶらするのは大好き。
ってなわけで、いわゆる銀ぶら なんかを2人でしちゃいまして。
そして私は初カド(cadeau, プレゼントですね)を渡しましたのさ。

びっくり目のエリックはうるうる感動で言葉も出ず。
長かったよね、私たちの2年間とちょっと。ちっとも暮らしは楽ではないけれど、でもでもやっとカドをあげられるぐらいにはなりました♡。

その後「まめや」へ。実は銀座から歩いていけるのですよ。でも値段は銀座価格でないところが私たちにはとっても嬉しい♡。

友人Satokoの家庭料理屋まめやのここまでのお話はこちらを見てね。

さて「まめや」の料理とは?
とうとうオープン!? 友人Satokoの家庭料理屋「まめや」

さて、1週間以上も前に用意をして「好きにしてもらっていいんだけどー」といいつつ「エリックはねばねば系は食べるけどちょっと苦手かな。肉は食べたいと思うけど魚大好き。デザートは大きく。よろしく」などと訳のわからん注文をつけまくった私。ごめんよー。

でもね、好きだなって思うレストランができたら、絶対必ず1週間以上前に予約をして、特別なイベントの場合はその旨を伝えるのが絶対いいって。
できれば、そのイベントの前にシェフ(ガルソンではなく)に顔を覚えてもらうべく、店で大騒ぎ(騒ぎを起こすのでなく、褒めちぎるとか、シェフを呼んでもらってきちんと感想を伝えるとか)して1週間とあけず通い詰める、のがよいです。お金に余裕があれば、だけどね。
これをやるとシェフのオススメ内緒特別メニューの顧客になれます。

「oeufさんだからーシェフ1週間前から頑張っちゃってメニュー考えてたよ」とガルソンに言われるのは、食べるほうも冥利につきるよね。この手を随分使ってあちこちのおいしい店のおいしい内緒メニューを食べさせてもらったよねー? Satoko!

ま、「まめや」の場合、この金銭的投資をしなくてもすでに十分知られているというかお友達だからその点助かりますー。

1週間以上前に予約したことで、私は「何がでるかな?」の楽しい1週間を過ごせたし、Satokoは「何を出そうかな?」の楽しい1週間を過ごせたということで、顔を合わせた途端「楽しい1週間をありがとう♡」とお互いに言い合った私たち。なんてことでしょ♡。

さて、前回は仮オープンだったので色々手作り風味あふれていたけれど、今回は本オープン済みってことで、デザイナーの本職をかいまみせるブツが増えてましたな。

とりあえず、まずは看板。
b0048729_18102080.jpg


と誕生日の記念写真。ぼけてるけど
b0048729_18103315.jpg


店に入ると清涼感のある花が飾られてたり、おっ新しい名刺が。
写真を撮ろうとしたらSatokoの旦那がちょーどいい位置に顔をのぞかせた。

b0048729_18114726.jpg


まだこの時点で呑んでないよー一滴も。

ってことで料理はまた次の記事に行くのであった。。。
[PR]
by oeuf1 | 2005-07-31 18:12 | 食べる manger
気合い一発
近況のプティメッサージュなど。

暑くて死にそう。
でも冷房嫌い。
頑張って除湿器で夏を乗り切ろうとするoeuf夫婦。
だれ〜〜〜。

今日は朝から気合い入ってます。
面接です。
ずっとやりたかった仕事なんだけど
チャンスがあって今日仕事帰りに面接。
正直怖いよー。
落ちたら能力ないって証明されてるみたいで。

でもまー私、こんなふうにずっと
生きているわけで
主人も応援してくれているし
落ちても今の仕事は続けられると思うから
いきなり仕事なくなっちゃうわけでもないし。

チャンスだよね。
頑張ってみるね。
ちゃんと自分を出せたら
落ちても悔いはないでしょう。

迷いながらも気合い一発。
行ってきます。
[PR]
by oeuf1 | 2005-07-28 05:50 | 雑感 divers
今週はお休みです〜
なんかばててしまったので、今週は更新できそうにないですー。
楽しみにしてくださってる方々、今週末までお待ちいただけますかー?
ほんとにごめんなさいー。

エリックは無事38歳をむかえ、初めてのバースディプレゼントもちゃんと渡せました♡
(今まで金銭的余裕がなくてプレゼント買ってあげられなかったの。。。)

今日もoeuf夫婦は元気です。ばててるけど。

というわけで、a samedi ! (また土曜日にねー)
[PR]
by oeuf1 | 2005-07-25 19:35 | 雑感 divers
carte d' anniversaire
って私が作ったんだけど、お誕生日おめでとーのカード♡。

見てみて! なかなかよい出来でしょ?
エリックが皆に見せてもいいっていうから お披露目しちゃおー。

一応卵だけど、下半分がちゃんとハート型に切れてるのよっていったら、「おー気づかなかったー」だって。

ちょっと一生やってろ、って気分。

ま、いいけどねーいつものことだしー。

b0048729_13194587.jpg

[PR]
by oeuf1 | 2005-07-16 13:19 | 雑感 divers
一息...
ここらでちょっと一息って感じですかね。
いろんなことがちょっと落ち着いてきたし、少し気分もまし。

友人が遊びに来てとってくれた写真なんか載せちゃったりして。
b0048729_12424969.jpg


今日は彼の38回目の誕生日。
Joyeux anniversaire !

この後ちょっとしたイベントをして、satokoの「まめや」でお祝いするです。

暑いけれど、のーんびりした優しい3連休をお過ごしくださいませ♡。

PS 同じ日に撮ってもらった写真をエリックが昔風にアレンジしてくれました。
これも載せちゃおう。

初めてみた。自分たちの全身写真。
b0048729_1353764.jpg

[PR]
by oeuf1 | 2005-07-16 12:43 | 雑感 divers
ナショジオの意外な効用♡
写真を撮る元気が最近とみにないので、しばらくは文字だけだけどご勘弁です。
少し元気になるまで許してね。

最近、デジタル放送を見るようになって、ナショナルジオグラフィー、通称ナショジオが見れるようになった。
私も主人も動物好き♡。
といえば聞こえはいいが、動物と自分との区別がついてなーい、ってのが本当だろうな。

で、トラとかライオンとかが出てくると ネコ科というので、それを耳で覚えてしまったエリックが
「ネコ科でてるよー♡」と私を呼んだりする。うーん、どこか違うぞ、使い方。

でも一番の効能は、ヘビが怖くなくなったこと。エリックは無類のヘビ好き。トモダチぐらいにしか思ってない。だけどねぇ、普通のヘビなどとくらした経験もない1日本人としては、やはり怖い。
で、せめてテレビではヘビさん見せてあげようと思ったら、エリックのこと。「一緒に見ようよー♡」 喜びは分かち合いたいらしいが、これは分かち合わなくても...。なんて思いつつ。

でもなんだか見ているうちに、カワイイポイントというか、そういうのを見つけたりして。
目は意外と可愛いし、自分よりはるかにでかいご飯を飲み込んだ後、水に入って泳がなくちゃいけないのに、重過ぎで沈んだり。ちょっとバカ。

ふーん意外とかわいいじゃん。

そんなふうにして、とりあえずテレビで見るぶんには怖くなくなったのでした。

ま、まだヘビと住んでもいいわーとまで寛容にはなれませんけれどね。

ナショジオのおかげです。
[PR]
by oeuf1 | 2005-07-12 05:46 | 雑感 divers
散々
皆さますっかりごぶさたしてしまいました、oeufでございます。
この週末は稀にみるような散々な週末。やっと昨日から少しずつ回復しているけれど、
このキズはあまり軽くはないです、正直。

この先は全然楽しくない話なので、楽しくない話はやだなーという方はごめんなさい。
今日はここまででまた明日読んでね。

ことの発端はママドゥです。彼の旅行エージェントのパンフを頼まれていて、
主人の仕事を紹介してくれていることもあって断りにくくもあり、なんとなく流れで引き受け、
まーできるかなーとも思っていたんだけれど、全然必要なものが彼から期日までに届かず
物理的にできないと判断して、素材が揃ったらまた始めよう、というつもりが....。

逆ギレ。いきなり電話でどなりだして一方的に切られ。
その直後からストーカー並の勢いで家に電話してきて、メッセージ入れまくり。
それがちょうど木曜日の夜。

そう、水曜日には大使館から呼び出しがあったとかでママドゥとエリック、2人して出かけたけれど結局仕事はダメ。diplomeがないからだって。そんなの最初からママドゥに話してたのにね。でもアンバサダーに会いに行くのに、朝8時から呼び出されて夕方6時まで連れ回されなくてはならない理由はどこにあるの? まーアフリカってそうなのね、と最大限の寛容さを見せていたつもりだったんだけど。

最初は大使館の仕事がダメになったから俺の頼みを断るんだろーっていきまいてたけど、
diplomeが理由じゃ、最初から大丈夫なんて言い続けていたママドゥに多少問題はあるもののそんなものさぐらいしか思わない。
彼が必要なことは何もしなかったから、できないよ、といったまでで。

メッセージ入れまくりの夜。仕方ないから電話線をぬいた。
エリックの携帯にもばんばん入ってきたから、それも答えるなといった。
そしてうんざりしながらその夜は寝た。

そもそもエリックはアフリカという言葉に弱い。いいトモダチもたくさんいたんだろうと思う。最初の最初で、ただでさえ女性は男性のいいなりと思っているお国柄のママドゥに、私が主人のために動いてくれた人のために働くと思わせた可能性があるのは彼。ママドゥが少なくとも何かしてあげたのは彼に対してであって、ママドゥは私の名前すら呼んだこともなく、ありがとうもいったことがない。

それでも日本社会で仕事をもらう戦略とか奥さんとうまくいくコツとか、ありとあらゆることで相談にのらされた。こういう言い方いやだけど、それしかできないのは、理由をいわず尋ねてきて5時間とかも居続けて、今日はこういうことが聴きたい、と始まるから。私は彼のコンサルタントじゃないし、だいたいそういう経験を話すのだってこんなにいいように使われる必要はないはず。

次の日の朝、うんざりしながら起きて、会社に行くエネルギーもなくお休み。朝9時、普通は起きてないはずのママドゥがベルを慣らしまくり、ドアをたたきまくった。ドアの外から奥さんに電話してるのがきこえる。「なにがなんでも開けさせてもらって」 彼のおもちゃじゃないぞーと思った。
続くならいやだけれど警察呼ぶしかないかな、と思ってたら辞めた。でも怖くて外にでれない。やっと外に出れたのがその日の夕方。

作業に必要なお金2万円を預かっていた。一切手をつけてなかった。これが激高している一因なのはわかっていたから、奥さんと話して、奥さん宛に送らせてもらえるよう話がついていたにもかかわらず、金返せ状態。あなたに提供した情報量だけでも2万円はくだらないんだけどな。気をきかせた奥さんがどうやらママドゥにお金を渡して、それで静まったらしいんだけれど、
ほっとしていたのもつかの間。

土曜日の朝、エリックが日本語学校に行っていたときにまた始まった。
ばかやろー金返せー。メッセージ入れまくり。今アパートの側にいる。金返せ。警察呼ぶぞ。
うーん警察呼びたいのはこっち。ずっとそんな状態だったから、エリックもなんたってフランス人理不尽なことを言われたら激高する。2人の外国人男性がののしりあったら日本人女性には手も足もでない。先に警察を呼ばれるのも納得いかないし。仕方がないので警察に電話して、不法駐車の車をどかしてくれ、とだけ頼む。

エリックにしばらく帰ってくるなとメッセージして、奥さんに連絡をとる。
彼女も飛んできてくれたけれど、ママドゥは引き上げた後。その後彼女にお金を渡して、ママドゥの電話にエリックと奥様から2万円払った、もらったとメッセージしてもらおう、とした。
ら、ママドゥが出たので直接言ったけれど、もう頭の中は2万円しかない。
自分はもうお金を奥さんから渡してもらったのにね。私たちが彼のお金をもっているのが許せなかったみたい。

で日曜日。少林寺にいっていたので知らなかったけれど、帰ってきてもとりあえず落ち着いてる。最悪の事態は避けられたかな。

奥さんと話していて、結局出会った最初からものすごく待たされたり、むやみにあちこちひっぱりまわされたりしてたんだけど、しょうがないのかな、日本の車事情だし、相手もアフリカンだし、ってすごい許容度で接していたのが、私たちを待たせている間に別の人を送り迎えしてたり。舐められてたのねって感じ。

トラブルが起こったら、どうしてこんなことになったの?解決法はないの? の前に金かえせ(もらったわけじゃなく預かっていたのに)、警察呼ぶぞ。実際に警察に相談に行ったらしい。
なんでこんな扱いを受けたんだろうね。

エリックには、もーむやみやたらにうちの奥さんは何でもできるよ、と宣伝するな、友人関係は手伝わないし、無料でも仕事はしないぞ、ときつくいって、まとりあえず一件落着かな。

うー人間不信になりそう。
っていうか、日本にきている外国人のかなりの数が、極端な物質主義に陥っている気がする。なぜかな?私たちがお金、お金って言っているからかな、と思ったけど、日本にはそれでもなんだかんだいって、あうんの呼吸みたいなものがまだまだあって、やっちゃいけないこと、とか段階をふむこと、とかしかるべき人の顔をたてること、っていうのは皆結構頑張って守らなくちゃってやってる気がする。外国人はもともとそういう部分が日本人とは違う形でしかないから、日本にきても、その呼吸がつかめない。見えるのはお金の動きだけ。だからお金の国だ。じゃーどん欲にお財布代わりに、お金もうけて帰っちゃおう。そんなふうになっちゃうのかな。

そうすると、日本のよさを見なくなって、お金と極端な風俗、たとえば渋谷のヤマンバとか、あれ実は日本に興味ある若いフランス人の中ではすっっっごい有名なんだよね。

ママドゥだってアフリカにいたらこうではなかったはずだと思うんだよね。文化のあつれきの中で中途半端に学習してこうなっちゃったんだと思う。
日本は日本の考え方を本当に他の国に見せるのがヘタなんだなーとすごく思った。

それでもフランス人なんかは理解してる・理解しようとしているほう。

でもーしばらく外国人とはあいたくないです。特にアフリカはしばらく勘弁。
日本人がよいわ。

くだけた心。散々。

PS:
ママドゥに関しては、楽しい始まりから散々な顛末までいろいろございます。
金銭的/精神的被害にあわれたという方も複数いらっしゃいますので、
下記の記事をあわせて御覧いただき、ご自身にてご判断ください。
私たちもこの記事に書いたように、結局大変な終わり方となってしまいました。
http://oeuf.exblog.jp/2829851/
http://oeuf.exblog.jp/2828580/
http://oeuf.exblog.jp/2830210/
http://oeuf.exblog.jp/3100814/

[PR]
by oeuf1 | 2005-07-11 06:26 | 雑感 divers