人気ブログランキング |
フランス映画三昧ーだけどタイトルがねぇー
さてさて、無事にJ:COM デジタルを導入し、デジタルケーブルテレビ(変な言い方だね)になった我が家。

新たに見れるようになったチャンネルが2つ。わーお。いやもっとあるけれど家的に2つ。
ナショナル・ジオグラフィー
シネフィル・イマジカ

これによって、自宅で見れる動物ものと映画がすっごい増えたわけですね。ラッキー♡。

で、昨日見た映画はこちら

パリの確率
パリの確率
/ ポニーキャニオン
スコア選択: ★★★★★

映画としては、笑える結構軽いタッチで進む(でも奥は深い)映画で楽しかった♡
なかなか展開が鋭いというか、きゃーそうなるのー、やだーはははーっていう感じなんだけど私としては最後まで納得いかないことが1つ。

タイトルの邦訳。
パリの確率
うーん原題は Peut-etre。最後のロールが流れるときにミュージシャンが歌っている歌にも繰り返しでてくるけれどmaybe。つまり多分って意味なんだよね。
実際には、映画の最後の最後に、彼氏が彼女に「子供が男の子だったらアコって名前にしようよ、ね?」というのに対して彼女が「多分ね Peut-etre」っていう、この言葉がタイトルになっているみたい。
パリの確率っていう語感から得られるような、なんかきちっとしたはっきりしたものじゃなくて、この「多分ね」という揺れる思い、ふわっとした空気、みたいなものがタイトルに出てるんだと思うんだけどなー。

もう1つ大好きな映画で以前みたのを紹介するね。
リード・マイ・リップス
リード・マイ・リップス
/ メディアファクトリー
スコア選択: ★★★★★

私の愛するヴァンサン・カッセルの非常によくできたサスペンス映画(っていうか、いつものヴァンサン・カッセルの役どころっていうか)
非常に込み入っていて、伏線が上手にはっていて、これがタイトルによく効いている、タイトルとしては秀逸なものだと思うんだけど、邦題は....英語かい?
フランス語で見たので、絶対このタイトルは情けなくなると思って、今のいままで確認せずにはいたけど、英語...とは!?
わからないじゃないのー。空気も意味も。
直訳すればそれでいいの? もー。

原題はsur mes levres 。本気で直訳すれば「口元に」とでもいうんでしょうか。
唇の上に、なんだけど、例えば言葉を話せない人たちの「唇を読む」ってのはこういう表現を使うし、唇にキスするのを、唇にを強調したければやはりこういうし、口元に出かかっている言葉のこともこういう言い方を使うし。もー簡単じゃないのよっっていいたい。ただ唇を読めじゃないの!! まして リード・マイ・リップスじゃないの! ぷんぷんっ。

でも映画は本当によい出来。手を叩いてブラボーって喜んじゃった映画です。
私の映画の好みって、伏線が張り巡らされながら少しずつ真綿で首を締めるように、真実とか監督の言いたいことがあきらかになっていくタイプなのよね。フランス映画が好きなのは、そういうのが多いから。

そしてタイトルの付け方がとてもよく考えられているから、よ。
日本のタイトルの付け方って体言止めにしないと落ち着かないのかな。
確かに「多分」「口元に」じゃ映画のタイトルにはならないだろうと思う。
「多分...」で少し落ち着くかな。でももっと思春期の揺れる心みたいな映画を想像しちゃうよね。なら、英語の映画はタイトルをそのままカタカナにするんだから、フランス語も「プテートル」「スゥルメレーヴル」にすりゃーいいのに。アマンとか平気で使ってるじゃない?
変なの。

もう1つ紹介。愛するYamakasi

YAMAKASI
/ パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
スコア選択: ★★★★★

何が好きったってねーこの勧善懲悪な世界。正しいことはいつでも正しい、な結末。
そして超格好良いフランス移民達♡。フランスの良心な映画だと勝手に思ってます♡。
これは以前書いたそして ヤマカシ Yamakasiに詳しく書いたから見てね。

こちらのタイトルは、まーグループ名そのものだから変更の必要もなく、まあこんなもんでしょ。かな。ちなみにYamakasiはザイール語で、心身強健の強い男、Esprit fort, Corps fort, Homme fortという意味なんだって。

フランス映画は内容だけにあらず。タイトルだって大切にしてくださいよぅといいたい。
でもこのフランス語のニュアンスを日本語のタイトルにして伝えるの、大変なんだろうな。
ご苦労お察し申し上げます。でもなんとかして...(しつこい)。

それからmerdeとかの訳語を字幕sous-titreにして出さないでください。
ヒラガナの読めてしまう主人が覚えてしまうじゃないですかー。
昨夜、その後使うなっていう説明にひどく時間がかかったんだからー。

なんてね。それでもスキスキ フランス映画。六月はカンヌ映画祭と横浜フランス映画祭のおかげでどこの映画チャンネルもフランス映画三昧。

まだまだ見ますよー。
by oeuf1 | 2005-06-19 10:30 | 見る regarder
<< 近況はといえば そしてTBスパムに勝てるのか? >>